35歳 洗顔後に蒸しタオルを顔に当ててから化粧水をつけることです。

乾燥する冬は特に肌の保湿をしておかないとあっという間にお肌ががさがさになってしまいますよね。

 

私は乾燥肌というわけではありませんが、ほほの辺りがたまにがさがさすることがあります。

 

そんなときはいつもの化粧水をつける前にパックを朝晩します。

 

それを2日ほど続けるとがさがさが解消されます。

 

そのたびにつくづく『保湿って大事だな』と思います。

 

また私は洗顔後に化粧水をつける前に蒸しタオルを顔に当てて1分くらい放置してから化粧水をつけます。

 

そうした方が毛穴が開いて化粧水の浸透が良くなる気がするからです。

 

蒸しタオルを当てているときは気持ちがいいので気分も落ち着きます。

 

蒸しタオルを用意するのは大変そうと思いがちですが、水で濡らしたタオルを絞って電子レンジでチンするだけですぐにできるので毎日でも続けやすいですよ。

 

化粧水がよく浸透しているからか、お肌も明るくなったように思います。

 

蒸しタオルを準備するのは少し手間ですが、お金をかけずにできる美容法なのでオススメですよ。

ライスフォースを姉が使っていた

「ライスパワーエキス」と聞いて思い浮かぶのは、ライスパワー成分が入った化粧品です。

 

ライスフォースは姉が使っていて、身内の私からみても明らかにお肌がきれいになったのがわかります。

 

姉から勧められるのですがライスフォースはお値段が高めなので今は無理ですが、子育てが落ち着いて働きに出れるようになれば是非ライスフォースを試してみたいと思います。

 

ライスパワーエキスには何種類かあるようで、有名なのはNo.11と呼ばれるもので皮膚水分保持能の改善効果がきたいできるそうです。

 

皮膚水分保持能は皮膚そのものが水分をキープ出来るように働きかけるので、洗い流すと効果はなくなってしまうただの保湿とは全然違います。

 

ライスパワーNo.11の他にも、皮膚をすこやかに保つNo.1や汚れを落としながら潤うNo.3などお肌に良さそうな成分があるようです。

 

欲を言えば、ライスパワーエキスが配合されたリーズナブルな化粧品があればいいなと思います。