40歳 安い化粧水でもいいからとにかくたっぷりと使う。

恥ずかしながらこの歳(40歳)になって、やっとお肌の保湿の重要性がわかってきた気がします。

 

以前は自分自身が色黒であることやシミ・そばかすがあることをものすごく気にしていたので、スキンケアコスメも主に「美白もの」を選んで使っていました。

 

化粧水から美容液まで全て美白もので揃えていた時期もあるくらいです。でも、30代半ばくらいからお肌が急に乾燥してくるのを感じるようになりました。

 

それまでの化粧水を使っているとお肌がつっぱる。また、特に寒い季節には顔から粉をふくくらい乾燥が目立つようになってきました。

 

そんな頃にネットで保湿の重要性を見た私は、「美白などの他の美容効果より、とにかく保湿を一番に考えることが大事なんじゃないか」と、考えを変えました。

 

それからというもの、とにかく化粧水はケチらずにたっぷりと使うようになりました(化粧水を安いものに変えました)。

 

そして、クリームなどのお肌に蓋をして潤いを守ってくれるアイテムを必ず使うようになりました。

 

肌の保湿重視のケアに変えてから、かなりお肌の調子は良くなってきていると感じます。

 

シワも気になりにくくなりましたし、肌のきめも細かくなりました。

 

今後も保湿を第一に考えてケアを続けていきたいです。

ライスパワーエキスが入ったコスメ

ライスパワーエキスについては多少ネットで情報を得たことがあり、「お米を発酵させてできた成分である」という認識です。

 

私はやや敏感肌なのもあり、スキンケアコスメも出来るだけ敏感肌用のものを使ったり、シャンプーなども自然原料から出来たいわゆる「オーガニック」のものを使っているのですが、その観点から言うと、100%自然の原料から出来ているというのはとても魅力的だなと感じます。

 

また、ライスパワーエキスにはいろいろと種類があるというのは知らなかったのですが、そのラインナップの中でも一番魅力的なのはやはり「水分保持能の改善」を謳っているNO.11かなぁと思います。

 

ただ保湿するというだけでなく、お肌が水分を保つ力を改善する、というのが良いですね。

 

お肌を根本から改善してくれそうだな、という感じがします。

 

こうやって見てみると、ライスパワーエキスはもっとメジャーになっても良いんじゃないかな、という感じがしますね。

 

何となく思うのは、お米というのが日本人にとって身近すぎるということ。特に20代くらいだと、洋風なオシャレなものに惹かれてしまいますよね。

 

そういう意味ではわざわざ「お米のコスメ」を選ばないかもしれないな…と思います。

 

ライスパワーエキスという名前はもう変えられないのでしょうが、なんとか商品のネーミングやデザインなどをおしゃれっぽく変えればもっと良いのにな、と個人的には感じますね。